ブログカテゴリ:歴史



2017/04/06
「ワイルドアート展」終了後、友の存在の大きさに改めて深く感謝した。 そして、動かなかった私の手が又動き出した。 大丈夫! 出来る! と自分に言い聞かせた。 そして・・・ 1998年 再び津和野の「ぎゃらりー・与兵衛」で作品展をさせて頂いた。     ここでもまた、友人が全面的に協力してくれた。 ありがとう! 友よ!...

2017/04/06
1994年 様々な事が重なり、私はその重圧に耐えきれませんでした。     もう二度と立ち上がれないと思ったものです。 1995年 一年間は、何も考えられませんでした。     思い出しては只、涙していました。 1996年 その涙も枯れ果てた時、「つづら工房」での残骸に目を向け、改めて     このままでいいのだろうかと考えるように成りました。...

2017/04/02
1994年 観光地のため、全国からお客様がこられました。     温かいお言葉も数々頂きました。          同時に、私と同じものを作りたい人が来られるように成り、後に     「私も作ったのよ!」     「いや、家では材料はとったものの、編めないのでカズラは捨てた。」     自然界に失礼のないようにと心掛けている私にとっては、...

2017/03/31
1992~1994  この間、作品展もさせて頂くように成りました。        * 町内のギャラリーをお借りして作品展をさせて頂きました。        * コミュニティーコミュニティーセンターで友人と作品展をさせ          て頂きました。        * 倉敷の方との出会いを頂き、倉敷のお店でも作品展をしました。...


2017/02/27
1989 「岩国の『土曜夜市』に柿木村の物産を持って行き販売するのですが、     参加しませんか。」とのお誘いを頂いた。     なんだか楽しそうなのでいく事にした。行ってみると路上での販売。     当時は物珍しさで、つづらかごは売れた。    「次の土曜日も行きますか?」と、続いて参加する事に成った。    ...

2017/02/19
やはり「つづら」だけでは納得いかなかった。 様々なツルを使ってみた。  カゴのデザインは変化に富み、使えなくはないと感じた。 「つづら」との出会いを頂いた二年後の 1987年、無人市「荷車市」にカゴを出す頃には、チャレンジ精神でいっぱいだった。 1988年、柿木村の商工会や役場の方々にお誘いを頂き、近隣の市町村のイベントに参加...

2017/01/19
荷車市からスタートした「つづらかご」道をこれからしばらくの間、振り返ってみたいと思います。荷車市での販売を始めて2~3年後、かきのき村の商工会さんから声をかけて頂き、商工会前で実演販売をしました。当時はまだ珍しく、カゴが編みあがるのを待っての購入もあり、楽しいひと時でした。

2017/01/19
2017年1月19日初めてグログに書き込みます。皆さん宜しくお願い致します。 1987年 荷車市という無人市を出店しました。今から30年前の事です。 この無人市で「つづらかご」の販売をはじめました。