プロフィール

三浦ちづる

1949年 鹿足郡六日市町七日市に生まれ

私は島根の吉賀町でツル科の植物を使って「かご」を作っている者です。

 

 

 

     

 

略歴

年月 出来事
 1985年  つづらとの出会い
1987年  無人市「荷車市」につづらかごを出す
1988年 近隣の市町村のイベント参加
1992年 津和野町に店舗を借り「つづら工房」を出店
1993年 作品展〔ステーションギャラリー広島〕
1994年 作品展〔倉敷、津和野〕、津和野町の店舗を引き上げる
1997年 作品展「ワイルドアート展」〔柿木村ふれあい会館〕
1998年  作品展〔津和野ギャラリーよへい〕
1999年 柿木村にバインクラフト「Pacha」をオープン
1999年5月 「バラ展」参加
1999年11月 山口県美術展覧会 入選
2000年 山口県美術展覧会 入選、島根県芸術文化祭総合美術展 入選
2001年  山口県美術展覧会 入選
2001年5月 世界工芸コンペティション金沢 入選、作品展「ふたりのコンテンポラリー」〔島根県立美術館〕
2001年7月 世界工芸コンペティション金沢 入選、国際芸術交流展 倉敷 秀作
2002年 島根県芸術文化祭総合美術展 入選
2003年7月 作品展(広島天満屋「石見銀山ブラハウスギャラリーnōsen」)  
2003年11月 島根県芸術文化祭総合美術展 工芸連盟賞
2004年8月 東京にほんばし島根館 つづら工芸展
2004年11月 島根県芸術文化祭総合美術展 工芸連盟賞
2004年 山口県美術展覧会 入選
2005年7月 作品展(東京日本橋三越本店)
2005年11月 作品展(島根県芸術文化センターグラントア)
2005年11月 島根県芸術文化際総合美術展 
2006年4月 作品展(東京世田谷「アトリエ遊」)
2009年9月 広島福屋駅前店ギャラリー「クリエイト」
2009年11月 作品展島根県芸術文化センターグラントワ「つづらからのメッセージ」
2017年3月 広島「三越6F」ピースオンザテーブル出展
2017年11月    〃

 

 

 

 

 

 

 

 


カゴへの想い

1985 「私のカゴ編の始まり」

 

    今年は2019年。

   

    今から35年前のことになるでしょうか。

   「カゴ編みが出来る人がいて、編み方を教えてくれると言うんだけど、

   行ってみない?」 と友人に誘われて行きました。

    そこでは,籐(ラタン=東南アジアを中心に熱帯雨林地域の

   ジャングルに自生するヤシ科の植物。)で編みました。

   

   6~7回行きました。

   習う内に「山のツルでも編めるのではないか。」と思いました。 

 

山は私が幼い頃、ターザンごっこ等をしてよく遊んでいましたので、抵抗はありませんでした。☺

 

 

 


1985 『地元の材料で編めないか?』

 

     裏山に入り、数種類のツルを持って帰りました。

     そこへ義父が通りかかり・・・

     ニコニコして言いました。

  義父 「ちぃさんゃぁ、あんたぁー このカズラで なにゅぅしんさるんかな?」

  私  「カゴを編もうと思って、採って来たんですよ。」

  義父 「カゴを編むんかな?」

     

     義父は色々な種類のカズラの中から、一本のツルを持ち上げて言いました。

  義父 「まぁー、懐かしいなぁ! ツヅラじゃーなぁかな!」

     義父 「かごを編むんなら、これじゃいな。」

        「他の物じゃぁ、駄目でな。」

        「言うても分からんろぅけぇ、わしが連れて行って見せるいな。」

        「来てみんされ。」

     

     元気だった義父は、その足で山に連れて行ってくれた。

     

 


1985 『つづらとの出会い』

 

義父 「これじゃいな。」

   「カゴを編むのならこれでな。 他の物じゃー 駄目でな。

      昔は、カゴと言えばつづらで編んだもんじゃいな。」

      

      「農作業で使う、背負いかご、腰かご

       台所で使う、メゴ、ザル

       山で仕事をするときは、紐やロープのかわりにも使うたし、

       牛や馬をつこうて田を耕すころは、仕事の途中で草を食べんように、

       つづらで口輪を作って、牛や馬の口に当てたりしたもんじゃいな。

                        それに、つづらは薬としても使われ、昔は随分重宝したもんでな。」

 

   義父の話を聞いて私は思った。

   (かつて先人達は、山のツル科植物の中の「つづら」使って、生活の中で必要な道具を作り、活用していた。)??

 

 私 「それでは、なぜ廃れたんですか?」と聞くと。

義父 「あれは、そうじゃなー、昭和30年代にプラスチック製品が出回りだして、その価格の安さと、手軽さにあったんじゃいな。

   山に行ってつづらを採る手間やら、作る手間がいらんろうな。それで皆、プラスチックに流れたのいなぁー。」

   「そりゃー、竹でも作ったんでな、そいじゃがつづらの方が丈夫にあったいな。」

   「つづらじゃったら、大事に使えば100年でももついな。」

 

   そのとき私は、「これだ!」と思った。

 

 


1986「この町にも、きっとあるはず。」

 

当時、地元の大人たちが、よく言っていました。

 

「この町には仕事も何もありゃーせんのじゃけえ。若い者は学校を卒業したら、

仕事の在る都会に行かにゃー、駄目で!」

 

本当にそうなのかな? と、常に疑問を抱いていた私。

生意気にも、「無いのなら、作ればいい!」

とばかりに編み始めました。

 

義父が、「これじゃぁ 駄目でな。」と言った、ツル科植物の総称「カズラ」の種類を問わず、

雨の日も、雪の日も、がむしゃらに編みました。

 

今、思えばまだ30代で若かったたのです。

子ども達が保育園に行っている間の時間、カゴ編に没頭しました。☺