久々に、手ごわいツルと向き合った

二本芯の「格子編み」

 

今日のツルは、手ごわかった。☺

飯伏こぶしの上に柔軟性に乏しい。

ツルの個性がぶつかり合う!

その双方に言い聞かせるように、折り合いを付けながら

編み込んでいく。

 

そのため作業は、はかどらず焦る。

そして、力む!

「もっと、体の力を抜いて!」と、自身に言い聞かせる。

 

一日がかりで、やっとカゴの部分を編み上げた。

少し離れて見ると・・・

「なんだ! 結構面白くて、優し気なカゴになったじゃない。」☺

「あの、葛藤はどこに行ったの?」

 

後は、一日置いて柄を付ける。

どんな仕上がりになるのかなー。

お愉しみ!☺