こだわり

山へは自分の足で入り、材料となるツル科植物の生態を知り、その1本1本の特質をとらえたうえでカゴ編の材料となるものを頂いて帰ります。

分類

作業場に持ち込み、それらを分類します。

ここでは意外に時間を掛けます。そうすることで、作業の段階で効率を高めることに繋がる為です。

編む作業の中で

作業場に持ち込み、それらを分類します。

ここでは意外に時間を掛けます。そうすることで、作業の段階で効率を高めることに繋がる為です。

カビや虫

カビや虫に対する心配も考慮し、1つの『つづらかご』が出来るまでに、20工程以上をクリアしています。